手話通訳つき じゅらく山荘寄席

  • 2010.03.15 Monday
  • 05:22
ボランティア連絡協議会からの依頼で落語。

耳の不自由な方がふたりいらっしゃるということで手話通訳をつけていただく。
落語の大先輩から「手話通訳つきの落語は事前に綿密な打ち合わせをしておいたほうがよい」とアドバイスいただき、例会におじゃまさせていただき立ち居地や内容の打ち合わせ。
古典などの難しい言葉は通訳できないし、通訳の方にも意味がわからないこともある。
すでに「牛ほめ」をプログラムに載せてもらっているけど「てんかくちがんいっこくろくとう・・・」確かに通訳難しそう・・・。
色々希望を聞いたりおしゃべりもして通訳していただく方が実は近所に住んでいる方だとわかり親近感と一体感。たよりにしてまっせ。


当日 智奴さんをJR駅にお迎えに。
コンビニでお昼の食事を購入しようと思っていたが、いつも行くコンビニが見つからず???
目的地近辺は山の中なのでお店がない。
あとで聞くと行こうとしていたコンビニは先日つぶれたって。
一週間前に行ったばかりなのに。。。

会場につくとみんな会食中。
コンビニの話をすると急遽これなくなった人のお弁当をすすめていただき、断ることをしらない我々は二人でいただく。

おなかがすいては戦はできぬ。
私の古巣なので知っている顔がいっぱい。
会話に花が咲く。

会食タイムが終わり色んなサークルのだしもの。
観客は座布団もってステージの前に集まる。
手作り感満載のアットホームなふんいき。
手作りの人形(虫や蝶)による人形劇?みたいなのや、日本舞踊。

我々の出番は最後

葡萄亭わいん 牛ほめ(カットして難しいことばを極力はぶいたバージョン)
智奴 三味線弾き唄い
葡萄亭わいん はんどたおる(立川志の輔作)

手話で教えてもらった「葡萄ていワイン」のしぐさがかっこいいのでお気に入り。早速つかう。っていうか定番にしよう。
智奴さんの手話自己紹介もかっこいいの教えてもらった。
三味線や芸能にぴったり!

全体的によくうけていただく。ハート達(複数ハート)
ホームは暖かいハート達(複数ハート)
智奴さんの三味線や唄やしゃべりにも余裕がでてきて、いつもより沢山笑いがおきる。アンコールも披露するるんるん
とっても喜んでいただけたと思う。よかった〜♪

クリップ手話通訳が入る→落語を聴いてから手話で伝える→みんなが笑い終わってから理解→笑い場所がずれる→会場での一体感の中に入れない。
手話通訳が落語を聴いて手話→間違って伝えても修正する暇がない→困った
と言われていた。
できれば演者が直接手話でやってもらってリアルタイム(ずれなし)で笑いたいと。

伝えたいという気持ちがとてもうれしいとお礼言ってもらった。

手話通訳の方とは携帯の連絡先も交換して、次のステップをお約束。
手話落語と手話小話を覚えて、手話通訳を介さないで直接伝えられる(もちろん協力つきで)ようになったら聴いてもらいにまたおしかけることに。

私のめざす落語から、もしかしたら寄り道になるかもしれないけど伝えたい、喜んでいただきたいという方向性は同じ。
色々吸収したい。

土谷寄席〜

  • 2010.04.15 Thursday
  • 16:17
 昨日は高齢イヤ恒例の土谷寄席。

ディサービスだから高齢であってるか?わーい(嬉しい顔)

漫談 綾小路まきし←名前忘れた
三味線弾き唄い 智奴
落語 真田小僧 葡萄亭わいん
落語 手紙無筆 平々亭眞喜子


眞喜子さんのチャレンジ精神すごい!
カツラとメガネで漫談も始めた。

智奴さんの三味線は黒田節でみんなに歌に参加していただいたのだけど、ひとりものすごく歌がうまい人がいた。
ステージで歌ってもらったらいいくらい。るんるん
みんなに参加していただけるとやはり盛り上がりますグッド(上向き矢印)

私の「真田小僧」はお客様の前に初出し。
いい感じにウケていただけました。
ひと安心。
次の話芸でかける予定。
ひきつづき精進しよう。

眞喜子さんの「手紙無筆」
漫談はちょっとハラハラして聞いていたけど、落語はさすがの安定感!
漫談覚えるのに時間とられて、最近落語は新ネタ覚えてないって。



持ちネタの数増やすよりひとつのネタをじっくり充実させたい。
でも覚えるのに時間かかるから、やはり覚えながら以前のネタの繰りなおしと同時進行が私にはあってるかもね。

…記憶力…昔はなぁ…昔はって言い出したら年取った証拠って言うけどまさにそうだなぁ。あせあせ

とりあえず覚えたら忘れないようにしよ!わーい(嬉しい顔)

柳家花緑・古今亭菊志ん二人会

  • 2010.06.21 Monday
  • 13:02
明日は師匠のお祝いに東京まで行ってきまーす!

方向音痴な私はひたすらみんなにくっついて行くだけ。

らくごカフェなんかも行ってみたいけど他の人の予定にはなかった。

朝の出発早すぎ。
朝5時に起きても間に合わない?かも。

行動予定
第1日
朝6時すぎ広島駅→音羽御殿:鳩山家の邸宅(文京区)→柴又帝釈天→鈴本演芸場→浅草泊

第2日
埼玉県川越:小江戸と呼ばれ蔵造りの町並み等江戸時代の情緒が残る町をゆっくり散策→東京駅19時すぎ→広島へ

菊志んししょー!
がんばって〜!

花緑ししょー!
覚えててくださいね〜!

夜は打ち上げ。
楽しみ♪

妙風寺にて菊志ん寄席

  • 2010.07.23 Friday
  • 07:57
今日の予定

9時〜
中学校の放送演劇部の指導

クローバーすでにセリフ覚えたって言ってた。
道具もできたって連絡あった。
どんなんだろ。
楽しみ♪
みんながんばっている。
今日は音と光も決定しておきたい。
ダンスと歌を入れるところの構成はできたかな。


昼過ぎに帰ってシャワー浴びてシャンプーして…
髪アップにして着物着ておでかけ〜ぴかぴか(新しい)
ちょっと気合い入れてねハート達(複数ハート)

お寺の寄席のお茶子。
開演前は受付でお手伝いもしていると思います。

チューリップ今日の出演者は
ジャンボ衣笠
柱笑福
古今亭菊志ん

チューリップ明日の出演者は
善亭ぶ生
秋風亭てい朝
古今亭菊志ん

明日はまだお手伝い頼まれてないので、お茶子してるかどうか不明。

先日の夏祭りで日に焼けてまっ黒けなのでイマイチ着物似合わないかも。あせあせ
肌の痛みが、なかなか戻らないお年頃。あせあせ(飛び散る汗)


昨日、池田の社会人落語大会用の音源作ってポストに投函しました。
写真は実物より10倍くらいきれいに写ったの入れたので、アピールできるかも。
・・・サギだって言われそうなの。

ネタは結局『牛ほめ』になりました。
『真田小僧』と『牛ほめ』録音して聞いて・・・

『牛ほめ』の方が面白かったから。

通過しますように。

土谷いきいき寄席

  • 2010.08.03 Tuesday
  • 18:33
眞喜子兄さんが8月18日から改名するから、めくり書いてくれって言っていた。
別に今日からすぐ変えたらええやん、って思うけど何か特別なこだわりがあるのかな。

新しい名前は 温々亭眞喜子 
ほかほかていまきし と読むそうだ。
つまったらお弁当やさんみたい。
つまらんつまらん。
落語はつまらんかったらいけんけど。

今日のにこにこ寄席は

葡萄亭わいん  笑いヨガ+鼓ヶ滝
平々亭こぶし  皿屋敷
平々亭眞喜子  火焔太鼓

2時から開始を、眞喜子さん2時半からと勘違い。
2時になってものんびりしているので、あせる私は「高座早く作らなきゃ!」
作るって言っても準備はできてて、毛氈しいて座布団おくだけ。
それにめくり台とめくり。
 
骨董品のようなりっぱなめくり台が手作りされていた。
こぶしさんの手によるもの。
おお、これはすごい。
床の間に飾れるくらい。

トップバッターの予定のこぶしさんが、「手伝います〜」って出てくるのを押し返し、「さきに着替えてください」って。
ここで初めて時間を勘違いしていることが判明。

「先にいってきまーす!」と私。
着物に着替えてるのが私しかいなかったので。
すでにお客様が待ちかねている。

いい雰囲気で聞いていただけました。
裏のバタバタはばれてなかった。わーい(嬉しい顔)

智奴さんとも久しぶりに会えたから、とってもばっちりな日だった。


その後、チャーミー社長をお迎えに行って一緒に帰る。

病院の検査の結果は最悪のものではなかったので…まぁヨシとしよう。
9月の福井は一緒に行けそうな予感るんるん

入院しました。

  • 2010.08.30 Monday
  • 19:45

28日 土曜日
古今亭菊志ん広島寄席
私はお茶子さんでした。

チャーミー社長はスタッフ参加はちょっとだけで、菊志ん師匠の落語を楽しませていただく。
「菊志ん師匠、またうまくなったなぁ」
チャーミー社長、うれしそう。
毎回確実に面白くなっていく。
どこまでのびるのだろう。
若いっていいなぁ。
伸び率早い。
「名人」と呼ばれる日を心待ちに。

ゲストは
広島のアマチュア夫婦漫才 『おとん おかん』
広島演芸協会の先輩
いやぁ、おもしろい!
夫婦っていいな。

もう一人のゲストは、笑点で黄色い着物を着ている林家木久扇師匠のお弟子さんで『林家きく麻呂』さん
9月に真打昇進が決まっている。
師匠っておよびしなくちゃね。

とてもきさくな方。笑点で、座布団運びの山田くんに座布団渡す係をしているそうだ。
次回から要注目。
たまに配り物しに画面に登場することもあるらしい。
番組見るのがまた楽しみになった。

落語のネタも自分で作りかえられたものだろうか。
よくできていて面白い。
ネタばれになるからあまり書いちゃいけないかな。
「おっと?」
「夫!」(爆)


日曜日、チャーミー社長、またまた腹痛を訴えて病院に。
今度は強制緊急入院になりました。
暫く、絶飲食。

…でも大丈夫です。
看護師さんかわいかったし。

古今亭菊志ん「教順寺寄席」

  • 2010.09.18 Saturday
  • 21:57
ブログのコメントで菊志ん師匠の寄席の情報をいただきました。
古い日記へのコメントだったので、みんなの目に触れることがなさそうなので、転載させていただきました。

※ここから・・・
 
昨年もブログで御紹介いただきましたが、今年もお寺で落語を聞く会「教順寺寄席」をおこないます。
2010年10月3日(日)18時より2席 出演は広島出身の真打、古今亭菊志んさんです。

場所は東広島市八本松町原6781 教順寺です。
入場無料。
問合せ先 082−429−0295へ
ぜひ、広島の落語好きの皆様、お誘い合わせの上おこしください。

教順寺坊守 戸島ゆかり

※ここまで・・・



私はこの日、午前中は敬老会で一席喋っている予定。

前日が『じっくり語り朗読館』で着物の着付け応援と、篠笛で効果音参加。(朝から夜まで)

体力が残っていたら、というかチャーミー社長の体力が残っていたら。(たぶん私は元気)

おしかけお茶子で行くかな?

慈光園にこにこ寄席☆篠笛で出囃子

  • 2010.09.30 Thursday
  • 20:42

場所間違えないようにネットで検索して地図もプリントアウト。
ナビで近くでほおりだされても大丈夫なように万全に。
しかも行くのは2回目なので(前回もナビに連れて行ってもらった)大丈夫…と思ってたら大きな間違い。

ナビが前回と違う道を案内するのよ。
で、慈光園に到着したのだけど景色が違う。
見たことのない風景。
???
眞喜子兄さんに電話して到着したけどなんか前きたところと違うとはなす。
「高取慈光園にきてる」と言うと「上安慈光園だ」とのこと。
なんとすぐ近くに別のがあったのか。
失敗失敗。
車で5分くらいだというので、ナビに住所を入れ直す。

また前と違う道案内でアストラムラインの下の道で放りだされる。
「目的地周辺です」って。
確かに目的地にすぐ近いのだけど…入る道が狭すぎて無理。
前回は下からくねくねあがってきたのに…狭いといってもここまでびっくりの道じゃなかったぞ。
眞喜子兄さんに電話して迎えに来てもらいました。

方向音痴の私はいつも会場にたどりつくのが一苦労。
かなり早めにでるので穴をあけたことはない。
もっといいナビ買えばよかった。

・・・落語の話を書かないうちに、こんなにいっぱい書いちゃった。

『にこにこ寄席』
今日の演目(忘備録)

お菊の皿  平々亭こぶし
親の顔   温々亭眞喜子
真田小僧  葡萄亭わいん

今日は篠笛で出囃子もやらせてもらった。
少しずつ人前で演奏するのもなれなくちゃね。

ちょっとへなちょこだったけど無事出囃子の務めははたした。
しかし3人とも同じ曲。
次はそれぞれ違う曲ができるようにしていこう。

お菊の皿に眞喜子兄さんが太鼓いれてたので、私も笛で効果音を・・・と思ったけど、稽古もしてないのにいきなり合わない音を出したらいけないと思って自嘲。
次は・・・と言っても怪談は来年夏までかけないだろうと思う。

その後『じっくり語り朗読館』の稽古に顔を出す。
これにも篠笛をちょっとだけ入れさせてもらえる。

ふと気付けばこちらの本番もあさって。

明日の仕込みに入る前に、し明後日の敬老会のしゃべり考えておかないと。
あー、いっぱいいっぱい。
ちょっとぱにっく。

福山♪ さくらホーム寄席と宮崎駿

  • 2010.10.07 Thursday
  • 07:01
福山の鞆の浦?にある、さくらホームにて
葡萄亭わいん独演会みたいなもの

高座はベッドに赤い毛氈をかぶせて作っていただいた。
けん台も用意していただいていたけど、使わなくってごめんなさいね。

演目は

牛ほめ
はんどたおる

牛ほめと小咄と、うだうだ話はかなり反応あり。
小咄はよくウケていたと思う。
はんどたおるは選ぶの間違いだったなと思ったくらいウケなかった。
一生懸命聞いてはいただいたのだが…喜んでいただけたかというと他の演目のほうがよかったなと反省。

97歳のおばあちゃんが「まだ落語を聞いたことがないので、落語というものを聞いてみたい」と言われたということで、急きょ依頼があり実現した。

重度の痴呆の方が大半。
落語を聞いても意味がわからない方の方が多いと事前に言われましたが、よくお付き合いいただき笑っていただけ光栄です。
…「はんどたおる」以外は。
このネタはいつも女性によくウケるのでいいかも?と思って、ゆっくりわかりやすくやったつもりだったんだけど…。

いやぁ、面目ない。あせあせ


クリップ開演2時間前に行って施設長さんと食事。
5月にあった「笑いヨガ」のリーダー研修で知り合った。
お互い「人を楽しませたい。喜んでいただきたい」ということを真剣に考えているもの同志。気持ちが通じるものがある。

鯛うどん、ごちそうになって、いろは丸資料館のとなりのお店でコーヒーもごちそうになる。

私は着物で町並みを散策したので、ちょっとめだってていろんな方に声をかけていただく。
着物っていいな。わーい(嬉しい顔)

宮崎駿の「崖の上のぽにょ」で観光客が増え、NHKの龍馬伝でまたまた観光客が増えたって。

宮崎駿が3カ月滞在していた家を見たり、毎朝コーヒーを飲みに行っていた喫茶店教えてもらったり、宮崎アニメファンの私は宮崎駿のことばかりはなしていたかも。

な、な、なーんと、さくらホームにも宮崎駿がやってきて3日間泊まっていったって。で、お風呂にも入ったよ〜って。
すごいなぁ。
いろんな話したんだけど、「崖の上のぽにょ」の中にそのエピソードが出てくるのよって。
すごい!もしかしてここって、映画の中にでてきた養老ホームのモデル?

いつでも泊まりにきてねって誘っていただいた。
もちろんホテルじゃないので一般の人は泊まれない。

今でも県外からも見学希望のお願いがたくさんあるらしい。
でも利用者の方に迷惑かけるからお断りしてるのよって。

さくらホームは築300年。
柱も太くしっかりしている。
アンティークなタンスや趣のあるものがいっぱい。
もともとは工場だったのだって。

福山だから下駄?
そこまで聞いてこなかった。
海の近くなので干物工場かも。???

そういえば近くに「いりこ屋さん」があった。
いりこだけでお店が成り立つなんてこれも不思議。

また行くことを約束して家路に。

第一回ひろおく寄席

  • 2010.10.17 Sunday
  • 07:34

眞喜子兄さんの企画で自治会館にて気軽な寄席。
ゲストで呼んでいただきました。

年1回くらいの恒例行事にしたいそうだ。

回覧板でまわしてもらえなかったので、チラシを近所のポストに配ったって。

忘備録

演目
綾小路とんまる 漫談
平々亭こぶし 竹の水仙
葡萄亭わいん 牛ほめ(池田バージョン)(ハナシカ+たばこの弊害?)
温々亭眞喜子 ちりとてちん

お客様は30名くらい。
よく笑っていただきました。
素晴らしいお客様で、最後の後片付けまで手伝っていただいて…みんなが帰られた時は会場はすべて片付いてました。(*^。^*)
広億団地の方はすばらしい!
アットホームな環境でやらせていただきました。
またおしかけますね~!

終演後、眞喜子兄さんのはからいでお弁当をいただく。
中が12くらいに仕切られていて、おかずがいっぱーい。
これがみんなおいしいのよ。
「酔心」のお弁当だったかな。
ぜーんぶ食べました。私が全部食べるのってホントに珍しいのよ。

私は車だったので酒盛りには参加せず、お茶にておしゃべり。
お土産にお米とナスをいただいて帰りました。(*^。^*)

感激♪

こぶしさんを送って家路につく。


今日はチャーミー社長の退院日。
これから迎えに行く準備。





calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

来客カウンター

無料 無料 無料

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM