三代目名人 ちゃん平さんおめでとうございます。

  • 2011.09.19 Monday
  • 15:05





新聞に写真掲載されたもよう

いろんな新聞に載るんだろうなぁ


1回目の前夜祭で浴衣姿の背中に「ちゃん平」の名札を見つけて声をかけました。

あれからずっと背中を追いかけています。

見えなくならないように、がんばってついていきますね。

…足短いけど。



追記
ちゃん平さんは我らのリーダーです。
でも、よーく考えてみたら、ちゃん平さんは何も決めません。
何も指示しません。
リーダーなのに。(笑)
っていうか自分がリーダーなのも気づいてないかも(笑)

いつも行動で示してくれます。
悩みながら試行錯誤しながら進んだり戻ったり…
落語に対して真摯です。
落語に対してストイックなまでに細かい所にこだわります。
それ以外ではあまりこだわらないと思います。・・・たぶん。

後ろ姿がいろんなことを教えてくれます。

リーダーおめでとうございます。
まってましたっ!(*^。^*)
たっぷりっ!

これぞ社会人落語。
ちゃん平さんでないと作れない落語。
ちゃん平さん以外が喋ってもあれだけ笑いをとるのは無理だと思う。
「学校へ行こう」

しかし、よーく思い出してみたら内容くだらないんだよね〜。 ←これ最上級の誉め言葉ですから勘違いしないように。
コテコテのギャグ路線。
なんで感動して泣いちゃったんだろう。
くやしくもあり、うれしくもあり。
 

第3回社会人落語日本一決定戦□予選編その1

  • 2011.09.19 Monday
  • 17:31
私は前日入り。
踊れんじゃー仲間のゆ乃月さんの案内で、てぬぐい屋さん行ったりレトロな着物見たり。
古ーい町並みみたいなとこ歩いたり…

あこがれだった伝楽亭にも出没することが叶い、伝楽亭の高座で『七段目』稽古させていただく。
「へえ、10分でちゃんと七段目できるんだねぇ」と感心していただき

「下座がないので寂しいんですよ。しかもパンパンって音だし係がこれなかったから自力で盛り上げないといけないんで地味なんですよ」

「できてるできてる!」

こんな感じで自信もあたえていただき、不安なく予選に臨むことができました。

そのあとみんなのあこがれの寡黙な大将と、にぎやかな女将のいる有名な「ち○○○ちん」で食事&軽くお酒。
今年は二日酔いするほど飲まないって決めてるもんねー!

会場はぴあマル会館

女性更衣室がひどいのよ〜!
「ひとりずつしか入れません」
「?」
「着替えが終わったら順に…」

見ると給湯室。
ホントにひとりしか入れない狭さ。
しかもエアコンなし。
暑いったらありゃしない。
すぐ汗だく。

「中でじゅばんだけ着て続きは外で着よう」
「いや、最初から外で着よう」
などと鏡や敷布ひっぱりだして外に陣地を作る。

おばさんパワーさく裂!わーい(嬉しい顔)
しかもガラス戸の前だから外を人が歩くとまる見え。
裏だからほとんど人影みえないしいいかって…女性軍ほぼ全員一致。

見かねたボランティアスタッフの方が交渉して許可とっていただいて上の階の空き部屋を使わせていただけることに。
お心遣いいただきありがとうございました。

しかし、あの狭くて暑い更衣室はないよなぁ。
女性は男性と違って着替えに時間がかかる。
着替えしながらお互い手伝いあったり雑談したりの交流も、社会人落語家には大切な繋がりなのです。
新しい友達できたりね。指でOK

番組表に知ってる名前の方のところに蛍光ペンでラインを入れる。
んー、黄色い線がいっぱい。
よそに見にいく暇がない。
どこにもいかずに、ずっとぴあマルセンターに居座ることにする。

鏡が1つしか用意してなかったので、同じ部屋に複数入れても着替えは出演の早い順。
後半の私はお喋りしながら順番待ち。

…で、かかしさんの出演に間に合わず。
あとで聞かせていただいたかかしさんの『源太と兄貴』腹がよじれるくらい面白い話。
こんな話があったんだ。はじめてきいた。

着替えて降りたのは、おれんじさんの高座の途中。
客席の子供がツボにはまって大笑いしている。
いや、子供だけじゃなく私も一緒に笑った。
自分の体験から作った創作。
おお、これぞ社会人落語の条件その1を満たしてるかも。
自分で作れるのは強みだなぁ。

途中投稿

予選その2

  • 2011.09.22 Thursday
  • 03:36
 
いけだピアまるセンター

これまで「ぴあマル」と間違って書いてた。
あとでなおしとこうっと。

女性控室(更衣室)を確保していただけたおかげで、けい都さんやお酢借さん、おれんじさんと色々会話することができた。
よかった揺れるハート

お酢借さんのいきおいのある『初天神』
子供のひとりぼけつっこみが絶妙で、思わず声をだして笑ってしまった。
「なんでやねんっ!」わーい(嬉しい顔)
こういうところはさすがだなぁ(*^。^*)
定番の「てぃ!」
初めて聞いたときは、よくわからなかったのだが、聞くの3度目ともなるとちょっとはまるね。
なんか楽しい。

すい好さんの『お菊の皿』
特別な加工がしてある訳でもないのに、面白すぎ。
幽霊の手の所作がいいなぁ。
笑った笑った。

鮎の助さんの『時うどん』
ここでは一転、真剣モードで最後の調整。
声を出さずにイメージの中で『七段目』
ごめんなさい、すぐ近くにいるのに聞いてませんでした。

とんぼさんの『カラオケ病院』
笑うところ満載で大好きなネタ。
私のひとつ前なので、いっぱい笑わせて会場暖めておいてくださいね〜と応援エールを送る。
盛り上げすぎ。(*^。^*)歌あり笑いあり手拍子あり。
東北大震災仕様に少し変えてありました。

わいん『七段目』
いつもよりドキドキして緊張してる自覚あり。
あー、袖に飲み物持ってくればよかった、喉がかわいたよ〜などと思いつつ。

高座上がると虎や志さんの顔が見える。
あー、わたしの聞きにきていただいた…テンションあがる。
入口付近にジャンボさん。
あー、わたしの応援にきていただいた…テンションあがる。

歯光さんの顔、タカアキさんの顔、気の星人さんの顔…審査員 桂九雀師匠の笑顔…なんか幸せ。

今年のカミシモはジャンボさんと風鈴さんでした。
ジャンボさん、体調最悪で控室で横になっていたと聞きました。
表情がきつそうなのわかりました。
そんな中の応援、ホントにありがとうございます。

悔いなく喋り終えることができました。
喋り終わったときは幸せ感でいっぱい。
実は控室で感激の涙こぼしてたの、風鈴さんに見られちゃいました。

風鈴さんの『転宅』
これは本人にも直接伝えたのですが、
「よかったよ〜!」
いっぱい笑いました。
間抜けな泥棒らぶです。

落語みゅーじあむにて通過者発表

予選通過者 10名

千里家圓九 二人癖 (落語みゅーじあむ)
三流亭楽々 白昼の交差点 (落語みゅーじあむ)
酔亭化枝  宗論 (コミュニティセンター)
にしゃんた 野ざらし (コミュニティセンター)
ていてい亭お酢借 初天神 (いけだピアまるセンター)
おきらく亭すい好 お菊の皿 (いけだピアまるセンター)
竜宮亭無眠 看板の一 (池田会館)
微笑亭さん太 離婚式 (池田会館)
二松亭ちゃん平 学校へ行こう (栄町一番街ゆいゆいプラザ)
東家静香  権助魚 (池田駅前南会館)

ファイナリストのみなさま、おめでとうございます。
あー、いつかはあこがれのアゼリアホールで喋りたい。
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

追記
落語みゅーじあむに170名…ぴっしり。
窒息しそう。
外が雨だったからよけいにね。
ゆっくり会話しながら発表を待つ…なんて雰囲気にはぜんぜんならず。
もうちょっと広いところにしていただけるとありがたい。

「池田駅」落し物☆予選の日

  • 2011.09.25 Sunday
  • 18:25

そういえば、書こうと思って忘れてました。

社会人落語日本一決定戦予選のあと、落語ミュージアムで決勝進出者の発表があってお開きになったあと、その足で雨の中池田駅に。
きっぷ売り場の前あたりでポチ袋拾いました。

ちらっと中を見ると手紙のようなものと高額なお札が。。。
ポチ袋には名前が書かれておりました。
思うに、出場者あてのご祝儀かなにかで、遠方よりの応援の方がプレゼントされたものかと。
書かれていた名前は、プレゼントしてくれた人の名前かな。
私の勝手な推測ですので、どういう経緯かわかりませんが、落とされたのは、大会参加者の方だと思います。

改札窓口に預けておきました。
お心当たりの方は池田駅にお問い合わせください。

名前や金額をここに書くと、心のないひとが「自分の」といって受け取りにいったらいけないので書きません。
落としたようなんだが…という人は窓口に名前を言って問い合わせてください。もしかしたらあなたのかも。

大阪池田 社会人落語日本一決定戦

  • 2012.06.02 Saturday
  • 09:45

決勝でやる演目は決まっているのだけどなぁ。

予選で何をやろう。
そろそろ決めて稽古を始めなくては。

予選は10分
決勝は12分

予選で喋った演目にまくら少し足すのがいちばんいい方法なのだけど、決勝の舞台で『鼓ヶ滝』をやるという野望は捨てていない。

しかしこの鼓が滝が10分以下に縮められない。
時間制限のことを考えたら9分に刈り込んだ演目を完成させないといけない。
・・・喋る力だけでなく書く力も必要。

ん…ん…

去年も同じことで悩んだ。
笑える部分を残したくて中途半端な原稿を作る私にたいして、「あれこれ残さないでばっさり切れ!」といつもチャーミー社長が助言してくれてた。
そんなチャーミー社長でも「鼓ヶ滝は切るとこないなぁ」と言っていた。

足す事よりも捨てることの方が難しい。




その前に事前審査に通らないと大会には出られないのだから、まず応募しなくっちゃね。

今年も池田に行くぞ〜!

待っててくださいね〜!

桂文枝襲名披露公演

  • 2012.06.08 Friday
  • 13:20

 http://www.kamigatadairakugosai.com/kansen.html

メルマガ情報

012年9月9日「三枝改メ 六代桂文枝襲名披露公演」の
チケット発売日が決定しました!!

来る6月30日(土)10時よりCNプレイガイド、
落語みゅーじあむで全国一斉発売いたします。
お近くのセブンイレブンでもご購入できます。

そしてなんと!一般発売日より早くチケットを手に入れられるチャンスがあるのです!

6月11日(月)12時〜6月13日(水)22時の3日間、先行販売受付を行います★
落語史に残るこの一席。どうぞお見逃しなく!!

去年は日程の組み方が思いやりがないとさんざん不満に思ったものだが、今年の日程は違う。
いちにちで予選から決勝まで。
次の日に襲名披露公演。
遠方のものへの配慮がされているのだと思う。
みんな帰ってしまったらちょっと寂しいなと思いつつ。←贅沢ばかり言うな!

三枝師匠の桂文枝襲名披露公演、見届けさせていただきます。
地方組だけど決勝終わっても帰りませんよ〜☆

と、いうことで久々に公式HPに行ってみた。
まるで変わった画面を見て・・・ホントに久しぶりに来たんだなと実感。

左のほうに大会の模様をまとめた動画がある。
さるやん。が最初の画面になってるのは見たよね。
もうひとつ上のって見たような見てないような・・・。

観終わったらいっぱい動画が選べるみたいな画面になった。
ん?
よくわからないけど文珍師匠のところをクリック。
あー、落語の動画。『デジタルお父さん』

見れるんだ。
ほかにもいっぱい。
また明日も見に行こう。

それより何より大会用の自分の落語をなんとかしなくちゃね。

でもチケット買おう。
絶対に事前審査に通らなくっちゃね。(*^^)v

社会人落語日本一決定戦事前審査応募完了!

  • 2012.07.12 Thursday
  • 22:00
第四回社会人日本一決定戦の事前審査用のDVDを投函しました。

なにせ20日必着ですもん。
さすがにね。

創作落語は今回は断念。
考えてるだけでぼろぼろ泣けてきて、とても落語にならない。
ぜんぜん人情話じゃないのにね。
なかなか素敵なポエムなんだけどね。←そうか?

きっといつか公表できる日が来るだろう。
その日までもう少し寝かせておこう。


なのでチャーミー社長がいちばん好きだった『鼓ヶ滝』
もちろん自分でも大好きなネタです。

これをなんとかして10分に縮める・・・ただいま20秒オーバーくらい。
もう少しです。

ストップウォッチ片手に「ただいまの記録〜」ってやってます。

このままではオチ直前にかかえてつれさられちゃう。

本番で、もし途中で出囃子がなったとしても、かかえて連れ去られながらちゃんとオチまで喋るぞ〜と心に誓ったわいんサンなのでありました。

三枝師匠の文枝襲名披露公演のチケットは購入済みです。
電話しても繋がらなかったので、セブンイレブンで買ったの。

絶対行くぞという決意表明!

『審査ご通過おめでとうございます』の封筒よ〜早く来ておくれ〜!

暫くはドキドキの毎日。
 

そろそろ広島にけーろーかい

  • 2012.07.17 Tuesday
  • 23:17
池田の大会と同じ日、敬老会への出演依頼をいただいた。
私のことを応援しようとしてくださる方がいるというのはとてもうれしく心強い。

…でも「事前審査に落ちても行くぞ!」(本心はもちろん受かって行きたい)と公言しているくらいだから、依頼はお断りするのだが…
本末転倒になっていないか…少々気になる。

何のために大会に出続けようと思っているのか?
モチベーションを高める。維持する。
上手くなりたい。
決勝に残ってチャーミー社長に報告したい。
落語仲間に再開したい。
新しい仲間にめぐりあいたい。
刺激をうけたい。
…ごちゃごちゃ言わなくても楽しいから。
地元の応援してくださっている人たちに喜んでいただきたい。
ホームグランドで成長を見守って下さっている方々がいる。
私の落語でみんなに楽しんでいただきたい。
他にもきっといっぱい要因があるけど今浮かんだのはこれだけ。揺れるハート

せっかく声をかけていただいたのにごめんなさいね。
成長して戻ってきます。
絶対にまた呼んで下さいね。

わいん

〜寿〜社会人落語日本一決定戦〜ご通過

  • 2012.08.01 Wednesday
  • 17:01
9月の大阪、池田で開催される『社会人落語日本一決定戦』

お待ちかねの

『〜寿〜ご通過
されましたことを、お知らせします。 』

通知が、ついさっき我が家にも届きました。

仲良しさんのところに続々届く結果通知。
広島ってそんなに遠かったっけ?と思いながらどきどきしながら待ってました。
 
330名の応募で160名の通過

おめでとう自分!

すでに文枝襲名披露公演のチケットも買ってある。
宿泊も予約してある。

あとは落語の稽古だけだ。←こらっ。

 

社会人落語申込み

  • 2012.08.10 Friday
  • 20:28

昨日予選の申込を出した。

通過したからといって、ほおっておいたら予選メンバーに入れてもらえないんだよね。

郵便局で「明日必着なのですが間に合いますか?」ときく
調べてくれて「明日の到着予定です」
「遅れることはないですね」
「不安だったら速達にしてください」
「明日着かない可能性もあるのですか?」
「・・・明日着く予定です」
「・・・じゃあ普通でいいです」

ということで80円切手のままにして送っておきました。
ちゃんと今日到着したのだろうか。
10日必着って書いてあったもんね。

ちゃんと間に合ったかな?

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

来客カウンター

無料 無料 無料

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM