第2回 社会人落語家日本一決定戦 受付開始

  • 2010.04.20 Tuesday
  • 09:42
http://www.kamigatadairakugosai.com/gaiyo.html

本日より申込み受付開始になった模様

予選通過は150人から150人前後へ。
今回は補欠ってないのかも。
若干多めに通過させておいてキャンセルがあったときも補充なしでってことかな。

予選10月23日(土)
時間は8分以内から10分以内へ。
当日の夜決勝進出者発表を兼ねた懇親会がある。

決勝は翌日24日(日)
決勝進出者は8名から10名(予定)。
時間は13分以内から12分以内。

確実に二日押さえておかないといけないということで、遠方からの申込者減るかな?

「ハメモノ等オリジナルの演出がある場合は事前に事務局に申請してください」って…ハメモノOKってことだよね。
派手なのでてきそう。

審査員
柳亭市馬師匠、桂三枝師匠、藤本義一氏、難波利三氏、倉田薫市長。
応募は4月20日〜7月31日。
結果発表は8月末(予定)。

かみ落語の中で三枝師匠の言葉に
クリップ「将来的には色々なところで予選やってたとえば九州代表とか、北海道、東北、関東とブロックわけてなぁ。で決勝戦10人とかでやったらええと思うけどなぁ」
というのがあったようです。

ブロック分けしてやるの楽しいですね。
交通費節約できるし。
でも参加者数いっぱいで競争率どんどん高くなります。

池田に集まってみんなで盛り上がりたい気分もあるし。
あっ、予選は事前審査なしで何人でも出れるようになるんだろうね。
「日本一決定戦」のブランドを確立するためにはその方向で行かないと無理だよね。
このままじゃ楽しい落語祭りって感がついてまわるもんね。

昨年の大会での反省点を生かそうといろいろ考えてあるのがわかる。
これからどんどん盛り上がる大会になりそうな予感。


まずはネタ決めから。
今稽古している「真田小僧」にしようかなぁ。
去年の「牛ほめ」でリベンジするかなぁ。


コメント
『真田小僧』で決定!と思ってたのだけど…
なんかまた気持ちがゆらいできました。

じたばたしながら、同じところをぐるぐるまわっている感じです。
  • わいん
  • 2010/05/13 9:50 AM
うーん。
コンクールで同じネタでリベンジって
考えてなかったなぁ。
たしかにちりとてちん杯のあと、
ある方に「もう一回あれでやったら?」とは
言われましたが…

まぁ、せっかくだから、いろいろやってみたいし…
大会を意識しないと進ネタに挑む気持ちがうすれるので、
池田も福井も去年とは別のネタでいくつもりです。
  • ミル
  • 2010/04/24 10:56 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

来客カウンター

無料 無料 無料

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM