淵に立つ 試写会

  • 2016.08.26 Friday
  • 09:59
第69回カンヌ国際映画祭
「ある視点」部門審査員賞受賞
『淵に立つ』
浅野忠信 筒井真理子 古館寛治
太賀 三浦貴大 篠川桃音 真広佳奈
監督・脚本・編集 深田晃司

ホラーなのか?と思わせるような世界観。日常の家族の物語なんだけど、決して日常とは言えないかもしれない。
ネタバレしてはいけないのであまり書けないが、脚本には引き込まれた。
そして役者が素晴らしい!
あまりの不条理さからか、胸の底にこびりついたのが、ずっとついてまわる。
そしてそれが少しずつ繋がっていく。
最後まで目が離せない!

ラストが・・・

エンドロールに平田オリザ氏の名前を発見!
妙に納得できるものがあった。

オススメの映画です。
10月8日〜ROAD SHOW



恋は紅なり

  • 2017.05.14 Sunday
  • 07:50






はまの省蔵監督
「恋は紅なり」

「紅」と言えば「豚」か「カープ」か「X JAPAN」くらいしか浮かばない私だが太宰治原作なので「空飛ぶ豚」も「新井さん」も「YOSHIKI」も出てきません。
デートで赤ワインを飲む話でもありません。
そもそも「くれない」ではなく「べに」と読みます。

知ってる顔がたくさん出てきて楽しかったです。

Reading notte仲間の橋本さんに誘っていただき予約。しかし日にちを1日間違って伝えていたみたい。

顔を合わせた瞬間「あれ?明日じゃなかったですか?」
すみません。方向音痴な私は3次元の迷子だけではなく4次元でも迷子になるようだ。←たんなる呆け症状?

でも大丈夫!
かのゲーテも言っている。
「人間は努力するかぎり迷うものだ」

はい!日々努力してます!
・・・意味が違う?(o^^o)

奥野てっぺいさんに初めてお会いできた。お会いするのは初めてなのだが、不思議にすでにいっぱい知っているような気分。

MACで一緒だった三原さん。かっこいい人っぽい役で登場。彼は黙っているとかっこいいのだ。
コントの三原さんも好き^_^

監督のはまのさんに写真に入ってもらうの忘れてた。
まっいいか。またすぐ会えると思うから。次に会うときは「秋風亭栄輔」さんのほうかな。
多才な方です。


写真は綾ちゃんに撮っていただきました。
special thanks!

クドカンの「真夜中の弥次さん喜多さん 」

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 17:58
「宮島参詣膝栗毛」の創作落語のイメージを膨らませるためにDVDを観る。

落語は十返舎一九作の弥次喜多道中もの。

宮藤官九郎監督作品
長瀬智也
中村七之助
主演の
「真夜中の弥次さん 喜多さん」





喜劇というよりホラーだった・・・みたいな。

笑わせようと全力なのだが、やりすぎて怖いところ沢山。
やべぇやつジャン!的な。

自分の落語に取り入れたいものにはほど遠いものだったが、これはこれで面白かった。



出演者が無駄に豪華!(≧∇≦)

古田新太を雑に扱いすぎ。
なんて贅沢な・・・と思わせられるところ多数。
奇想天外すぎておいていかれた感あり。

そして説明でワイワイ喋ってるモードで再度楽しむ(o^^o)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

来客カウンター

無料 無料 無料

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM